美容外科の施術法

先に挙げた悩みを改善する施術法について、美容外科はどのようなアプローチを行うのでしょうか。悩みの一位と二位の箇所について調べてみました。

まずは目元を二重にする方法ですが、これは大きく分けますと二種類の治療法があります。一つ目は瞼の部分を切開する方法で、瞼の下に付いている脂肪を取り去ることで二重瞼が実現します。二つ目は埋没法と呼ばれるもので、メスを使うことなく細い糸を使って二重瞼を作ります。片側の瞼につき5分から10分程で行えるという簡単な施術法が好まれていますが、反面、二重瞼を維持できる期間が短いというデメリットもあります。維持するためには施術を繰り返さなければなりませんが、いつでも元の自分の目に戻せますので比較的気楽に行える方法ともいえるでしょう。

続いて、胸をグラマーにする豊胸手術です。これも幾つかの方法があります。一つ目は人工乳腺のバッグを挿入する方法です。二つ目は自分の痩せたい部分などの脂肪を吸引し、それを注入する方法です。人工的なものを用いることに抵抗がある人に好まれています。皮下脂肪が少ない人には、ヒアルロン酸を注入する方法があります。それぞれに手術費用も異なりますので、事前に詳しく調べた上で納得のいく施術法を選びたいものです。